2019.08.31
スポーツ庁「Sport in Life」プロジェクト参画承認
  • スポーツ庁「Sport in Life」プロジェクトへ参画の承認

    ナスターレース協会は、スポーツを促進するスポーツ庁の「Sport in Life」プロジェクトへの参画を8月22日に承認されました。

    近年では、運動をしない、できない子供が増え運動能力の低下が社会問題化しています。また、自然離れも加速し健康や生活の質が劣化している事も事実です。
    スキーを通じ、子供たちへスポーツをする事の素晴らしさ、楽しさ、仲間や地域の人たちとの触れ合い、四季折々に見せる自然の美しさを経験させてあげる事で豊な人間性が期待できます。

    国民のスノースポーツ実施率の向上に向けて、NPO法人ナスターレース協会では、特に子ども達にスキーの楽しさを伝え、また協会関係者も生涯スポーツとして継続してスノースポーツを楽しむ環境づくりを推進し活動を行ってまいります。

    ■Sport in Life プロジェクトとは
    スポーツ庁が2020東京大会のレガシー創出に向け、国民のスポーツ実施を促進するために2019年7月から始動し、自治体・スポーツ団体・経済団体・企業などが一体となり、国民のスポーツ参画を促進するプロジェクト。
    一人ひとりが自然とスポーツを楽しみ、そして、スポーツを通じて健康になったり、毎日をいきいきと過ごせるようになったり、そんな一人ひとりの活力ある生活を後押しする事を目的としています。
    http://www.mext.go.jp/sports/sportinlife/

    NR_2019sportsinlife_logo

    「「Sport in Life」は一人でも多くの方がスポーツに親しむ社会を目指す取組であり、
    個別の商品・サービスを推奨するものではありません。」

     

    【ナスターレース協会活動紹介】

    ●スキーを通じ子供たちの成長をサポート
    アルペンスキー大会を主催し、勝つ事だけではなくスポーツマンシップの本来の意味を伝え、スポーツを楽しみ公正なプレーを「価値あるもの・尊いもの」として大切にし、相手選手への尊敬や賞賛また「同じスポーツをする仲間」としての姿勢を、スキー大会を通してスポーツ全体が普及と発展する活動に努めます。

    ●スキー未経験者専用初心者向けプログラム(対象:満4歳から小学生)
    保護者の方が未経験者でも問題なく楽しくスキーを体験し、幼少期にスポーツに触れる事で日本の未来を担う子供たちを応援するプログラムです。非認知的機能を高め目標達成までやり遂げる姿勢を身につけるプログラムに取り組んでいます。

    ●トライアルレース(未経験者参加可能レース:幼稚園児から小学校低学年U8)
    子供たちの能力は無限大です。幼少期にトレーニングが専門化しすぎてしまうと、スキーカテゴリーにおいても技術の成熟は出来ません。未経験者でも、いつものウェアとスキーで参加ができスポーツの楽しさと、スキーを滑る緊張感を一人でも多くの子供たちに経験していただける大会づくりを行っています。

    ●障がい者スキーとの取り組み
    特定非営利活動法人日本障害者スキー連盟、一般社団法人日本ろう者スキー協会と連携し、障がいを持った子供たちも参加できる大会づくりに力を入れ、取り組んでいます。

RECOMMEND