NASTARRACE トップページへ
世界を見据えたスキー選手の育成。
NR MAGAZINE
ウィスラーカップ2017 派遣レポート vol.3 – U16男子 -
ウィスラーカップ2015選手レポート U16男子
今回も協会が主催をする3大会より10名の派遣選手を選抜いたしました。
ドリームグランプリからU16の男女各1名、チャンピオンシップ(東北決勝大会)よりU16 の男女各1名、そしてジャパンカップより U14から男女各2名とU16から男女各1名の計6名を選抜し、引率コーチ5名、プレス1名の全体で16名でのウィスラーカップ参加となりました。
  • 25nd Whistler CUP 2017 を振り返って
  • U16 男子
  • 田口 慧Satoki Taguchi
  • 秋田県仙北市 秋田県立角館高等学校
  • 多くの課題を見つけられた、
    ウィスラーカップ。
  • ウィスラーカップではとても大きな経験をすることができまし た。今シーズンは全国大会優勝を目標にしてやってきましたが、 このウィスラーカップへも小学6年の頃からの目標でした。しかし 派遣が決まった時には全く実感が湧きませんでした。ですが、昨 年のウィスラーカップの動画を見たりして同学年の世界のトップ レーサーたちと戦える喜びと、世界大会の雰囲気を味わえる楽し みがとても大きくなっていきました。 初日のSGレースでは海外の選手達とのスピード感の違い、思い切 りの良さの違いをとても強く感じました。2日目のGSのレースでは、1本目リバースにかかり順位を上げたいところで思い切りの良い滑りができず 逆に順位を落としてしまいました。 3日目のSLでは、1本目11位につけ、これからというところで昨日と同じく順位を落とし、とても悔しい 思いをしました。 4日目のPLのレースでは、僕自身、初のパラレル競技でさらにチーム戦ということもあり、とても楽し かったです。PLは2回戦で負けてしまいましたが、2戦ともチーム一丸となることができ良かったと思い ました。 このウィスラーカップではとても多くの課題を見つけることができました。今年からは高校生になりま す。ウィスラーで得た課題を自分の物にするためトレーニングをしっかりと励んでいきたいと思います。 そして、私の最終目標は世界大会で勝つことです。勝って父や母、そしてコーチ、応援してくれる皆様 に恩返しをしたいと思います。そしてナスターレース協会、CSBAの方々にはとても感謝しています。 本当にありがとうございました。
  • U16 男子
  • 佐藤 大虎Taiga Sato
  • 北海道札幌市 札幌SSプロダクツスキーチーム
  • 最終目標は、世界一。
    日本のアルペンをもっと広めたい。
  • 今回のウィスラーカップでは GS、SG、SL、PL の4種目で競い合い ました。 外人選手はとても背が高く、同じ歳とは思えないほどすごく高い 技術で、ものすごく勉強になりました。このウィスラーカップの 派遣選手が決まり、自分は海外のレースで通用するのか、とても 楽しみでした。カナダのウィスラーでは英語が喋れなく不安しか ありませんでしたがコーチ達のおかげで不安はなくなりました。 来シーズンは、この経験を生かし全力で戦いまた、世界のアルペ ンスキーヤーと戦いたいです。
    今回のウィスラーカップでは、SL8位、GS6位と入賞することができましたが、SGで34位とあまり納得の いかない結果で、日本はSG に弱いことが分かりました。ですので、日本に帰ったらSGを強化しなくて はいけないことが分かりました。 自分の最終目標は、世界一になり日本にアルペンスキーという競技をもっと広げていきたいです。 この遠征ではコンディショントレーニングのやり方や、柔軟性の強化などをしてとても勉強になりました。応援ありがとうございました。そして、ナスターレース協会、CSBAの皆様、本当にありがとうございました。
  • U16 男子
  • 山中 新汰Arata Yamanaka
  • 北海道余市郡 北海道スキー連盟
  • スキーへの意識が変わる大会でした。
    また来年来て優勝を目指します。
  • 今回のウィスラーカップでは世界の選手との差を感じました。 シーズン初めにはあまり調子が良くなく苦しい日々が続いていま した。今年は全国大会2種目で入賞するという目標がありました。 結果はGSには出場できず、SLは10位でした。自分が全国で上位を取 れる実力が無かったのかなと思いました。その時に僕は世界では自 分がどのレベルにいるのだろうと考えるようになり、ドリームグラ ンプリに出場しました。そして派遣が決まったときはあまり実感が わきませんでした。ウィスラーカップに出場することになったため 私は海外選手に勝つためにポジションと膝の入れ方を徹底して改 善に取り組みました。
    私はポジションがいつも後ろということと、膝が横入りしてしまうというクセがあったからです。 そのクセのせいでコースアウトをしてしまったり、大きなミスをしたしまうことが多々ありました。 そして、ウィスラーに行ってみると、レベルの違う滑りをしている人がいっぱいいました。SGでは私が難しくて失敗しているところをすんなり行ったり、スピードへの恐怖がないのかと思うくら いのスピードで滑って行ったり驚きの連続でした。 もっとスピードに慣れる練習をしないとこの先絶対に勝てないという危機感を感じました。 また、SLでは荒れたコースを大きな失敗もせずに降りてくるために腰を高くして滑らなければならない ということを改めて感じました。 ウィスラーを通してたくさんのことを学び、吸収することができました。 コンディショニングの方法、今自分に足りていない筋肉、技術、体調管理、メンタル、まだまだ改善、 向上させる部分が見つかってよかったです。これを一つの経験として、また来年来てSG、GS、SL優勝を 目指します。
    今回連れて行って下さったコーチやCSBAの皆さん本当にありがとうございました。
  • Whistler cup 2017 japan team results U16男子Whistler cup 2015 japan team results
    U16男子
  • CATEGORY
  • PL
  • BIB
  • NAME
  • 1st
  • 2nd
  • TOTAL
  • SG
  • GS
  • SL
  • 34
  • 1
  • 佐藤 大虎
  • 1:07.76
  • 1:07.76
  • 44
  • 28
  • 田口 慧
  • 11:08.83
  • 1:08.83
  • 54
  • 14
  • 山中 新汰
  • 1:10.39
  • 1:10.39
  • 7
  • 3
  • 佐藤 大虎
  • 1:11.11
  • 1:07.95
  • 2:19.06
  • 22
  • 21
  • 山中 新汰
  • 1:12.80
  • 1:10.69
  • 2:23.49
  • 30
  • 30
  • 田口 慧
  • 1:12.18
  • 1:12.37
  • 2:24.55
  • 8
  • 10
  • 佐藤 大虎
  • 45.70
  • 49.04
  • 1:34.74
  • 21
  • 20
  • 山中 新汰
  • 47.26
  • 48.77
  • 1:36.03
  • 22
  • 28
  • 田口 慧
  • 46.02
  • 50.12
  • 1:36.14
Copyright © 2015 NASTARRACE All Rights Reserved.