NASTARRACE トップページへ
世界を見据えたスキー選手の育成。
NR MAGAZINE
ウィスラーカップ派遣 2016レポート vol.3 – U16男子 -
ウィスラーカップ2016選手レポート U16男子
今回の派遣選手の選抜は、協会主催の3大会より選考をいたしました。ドリームグランプリからU16の男女各1名、チャンピオンシップ(東北決勝大会)よりU16の優勝者男女各1名、そしてジャパンカップよりU14から男女各2名とU16から男女各1名の計6名を選抜し、引率コーチ4名、プレス1名の全体で15名でのウィスラーカップ参加となりました。
  • 24th Whistler CUP 2016を振り返って
  • U16 男子
  • 伊東 周悟Shugo Ito
  • 山形県山形市 山形私立蔵王第二中学校
  • 将来ワールドカップやオリンピックと言った最高峰の大会で世界のトップの選手とまた戦いたい。
  • 今シーズンは全国大会での優勝を目標にオフシーズンの間練習をしてきました。シーズン初めは例年以上に気合が入りフィジカル面に関してもとても自信があったため、何に関してもいける気しかないくらい強い気持ちがありました。スキーの練習の時でも頭を使って「自分は今何をしなければいけないのか」、「コーチは自分達に何をさせたくてこの練習をしているのか」など常に考えながら練習にも取り込んでいたと思います。しかし、自分のイメージしている滑りがなかなか実際の滑りの中で出来ないという状態が続いてしまい試合でも全く思うような結果が出ずにいました。今回のウィスラー選抜のメンバーの中丸君が怪我で出場できなくなり、繰り上げで僕が行ける事になり少し複雑な気持ちもありましたが、出場権をもらった以上「全力で戦ってやろう」と思いました。それからは、調子も少しずつ上がっていき、ウィスラーでも今シーズン中で一番調子がいい中試合に臨むことができました。実際にウィスラーカップでは、初日のSG競技で6位入賞と結果を残すことは出来ましたが、トップとのタイム差がとても大きく現段階では、自分は世界の中でもとても低い位置にあることをとても実感させられた大会だったと思います。技術面では特に基本ポジションの位置が日本人はとても低いことを学びました。僕が見た中では腰の高さは全く違い、スキーの動きをみてもスキーのたわみ具合が外人の選手はすごいという事を感じました。他にも体格的に特にノルウェーとは差が激しいことがわかりました。来年は高校に入り大人とも戦わなくてはいけない世界に入ることになるので、とにかくフィジカルを鍛えて今よりも体を大きくしていきたいと思います。そして、インターハイでは優勝を目指して頑張ろうと思います。高校に入ってまた世界の舞台で戦えるかはわかりませんが、将来ワールドカップ、オリンピックと言った最高峰の大会で必ずまた世界のトップの選手と戦ってやろうと思います。最終的には、世界のトップに自分がなれるように今回の悔しさを忘れずに頑張って行こうと思います。また、いつも陰で支えてくれている家族やコーチには感謝の気持ちを忘れず結果で恩返しできるようにしたいと思います。

  • U16 男子
  • 千葉 直弥Naoya Chiba
  • 北海道夕張市 夕張中学校
  • 今後の課題が明確になった大会。
  • ウィスラーカップで自分が感じたことは、今の自分の実力と、他の国のスキーヤーの実力が離れすぎていてぜんぜん勝てないと言う事を感じています。SL競技でコースの途中でノルウェーの人の滑りを見ていた時、ノルウェーの選手はワールドカップに出られるのではないかと自分は思いました。でもその滑りを見て、自分もノルウェーの選手の滑りをすれば、もっと速く滑れるんじゃないかと思いました。日本に帰ったらまず、その滑りをイメージしてフリースキーをしたいと思います。今後の課題は、荒れたコースを滑れるようになること。1ターン1ターン腰を上げる事です。来シーズンの目標は、インターハイに出場してトップ5に入ること、ウィスラーカップで学んできたことを存分に生かし来シーズン頑張りたいです。

  • U16 男子
  • 寺島 海Kai Terashima
  • 長野県南佐久郡 南牧中学校
  • 結果を自分に受け入れて
    これからも頑張って行きたい
  • 今回2回目のウィスラーで思ったことは、U16のレベルがかなり高いいことです。僕は去年U14で優勝しましたが、今年はU16ということだったので少し心配でした。まず、1日目にSG競技が行われました。僕は日本チームで1番最初のスタートだったのでとても緊張しました。でも、その緊張の中スタートしてタイムを見たら1位と5秒もタイム差をつけられ結果12位でした。とても悔しかったんですが、あと少しで入賞だったので次の日の「SL競技で入賞するぞ」と思いました。そして、SL競技の当日SG競技で慣れたのか緊張はそんなにしないでスタートを切りました。1本目は6位とまずまずの順位につけました。そして、2本目は攻めて何とか5位まで上がることができ目標の入賞することが出来ました。1位とのタイム差はあったけど入賞できたので嬉しかったです。そして、迎えた最終日、種目はGS競技です。僕は去年このGSで優勝したので今年も「やってやるぞ」と思い滑りました。大きなミスが無く2本とも滑り切りましたが結果は8位でした。入賞は出来たけれど、自分としてはとても悔しかったです。そして改めてU16のレベルは高いと思いました。でも、僕はこの経験でとてもいいものを得たので、この経験、結果を自分に受け入れてこれからも頑張って行きたいと思います。また、応援してくださったコーチやトレーナーの人にはとても感謝しています。ありがとうございました。

  • Whistler cup 2016 japan team results U16 男子Whistler cup 2016 japan team results
    U16 男子
  • CATEGORY
  • RANK
  • BIB
  • NAME
  • 1st
  • 2nd
  • TOTAL
  • SG
  • GS
  • SL
  • 6
  • 20
  • 伊東 周悟
  • -
  • -
  • 1:14.58
  • 12
  • 6
  • 寺島 海
  • -
  • -
  • 1:14.81
  • 38
  • 26
  • 千葉 直弥
  • -
  • -
  • 1:17.72
  • 8
  • 7
  • 寺島 海
  • 55.08
  • 52.55
  • 1:47.63
  • DNF
  • 19
  • 伊東 周悟
  • DNF
  • -
  • DNF
  • DSQ
  • 29
  • 千葉 直弥
  • -
  • DSQ
  • DSQ
  • 5
  • 19
  • 寺島 海
  • 50.29
  • 50.56
  • 1:40.85
  • DNF
  • 4
  • 千葉 直弥
  • -
  • DNF
  • DNF
  • DNF
  • 25
  • 伊東 周悟
  • -
  • DNF
  • DNF

    • アンビックス
    • ハンクスKEISKI
    • 宮坂商店
    • mediaoneメディアワン
    • ICI石井スポーツ
    • GALLIUM
    • 共栄火災
    • クラッセクリフスキースクール
    • ペーパーショップサクマ
    • 株式会社ダブル
    • しろくまコーヒー デボルターレ
    • PRASSA
    • プリンスホテル
    • HEAD ヘッドジャパン
    • 赤倉温泉スキー場
    • GOLDWIN
    • 小樽朝里クラッセホテル
    • 伊藤組土建株式会社
    • 株式会社ウベックス スポーツ ジャパン
    • 大高酵素株式会社
    • 桐灰化学株式会社
    • 近畿日本ツーリスト
    • gTIME
    • ジャパンビバレッジ
    • スキージャーナル
    • somesソメス
    • つぼ八
    • TORAY
    • 東レインターナショナル
    • japanairline
    • NorthPLAN
    • 医療法人東札幌病院
    • 富士ゼロックス
    • FUJIFILM
    • ブレイン株式会社
    • 丸紅ファッションリンク株式会社
    • 株式会社みずほ銀行
    • 三井物産アイ・ファッション株式会社
    • 療整院
    • RYOBI
    • ykk
    • macerath
Copyright © 2015 NASTARRACE All Rights Reserved.