NASTARRACE トップページへ
世界を見据えたスキー選手の育成。
NR MAGAZINE
ウィスラーカップ2015 派遣レポート vol.3– U16男子
ウィスラーカップ2015選手レポート U16男子
今回の派遣選手の選抜は、ドリームグランプリからU16クラスの男女各1名とチャンピオンシップ(東北決勝大会)よりU16クラスの優勝者男女各1名、またジャパンカップよりU14クラスから男女各2名とU16クラスから男女各1名の計8名、コーチ4名、プレス1名の全体で15名の最少規模でのウィスラーカップ参加となりました。
  • 23nd Whistler CUP 2015 を振り返って
 
  • U16 男子
  • 長谷部 宏仁Hiroto Hasebe
  • 福島県大沼郡 猪苗代高等学校
  • 私のスキーに対する意識が変わる大会でした。
  • 今回のウィスラーカップは私にとってとても充実したものになりました。4年前に初めてこの大会に出場してから私のスキーに対する意識が変わりました。そしてウィスラーカップで優勝することを目標に今まで練習をしてきました。今年私が力を入れて取り組んだ事は「コンディショニングの勉強」と「スキーの勉強」です。まずコンディショニングの勉強では、体の調子を整えたり、効率の良いトレーニングについて勉強しました。特にメンタルのコンディショニングの勉強には一番力を入れました。次に「スキーの勉強」は、早く滑るためにスキーを考えたり、たくさんの方に話を聞いたりしました。この2つを勉強したことによって、今年のウィスラーカップにはとても良い状態で臨む事が出来ました。1日目のSGでは、海外の選手達に対して自分の滑りが違う事を改めて感じました。もっとSGの練習をしないとこれから先に技術系でも勝てなくなってしまうという危機感を感じました。2日目のSLでは、自身初の3位で表彰台に上がる事が出来ました。しかし、1本目から順位を一つ落としてしまい自分の弱さを感じたレースでした。3日目のGSでは、SLと同じ3位でしたが、SLとは違う3位でした。1本目6位からの順位を上げて3位になる事が出来ました。私は2本目に巻き返す事が苦手だったので、練習の成果を出すことが出来ました。ウィスラーカップを終えて今思うことは、「目標に達成できなかった」この事は悔しいです。しかし達成感はあります。この大会で自分の順位が分かり目標が明確になりました。私の目標はオリンピックで金メダルを獲得する事です。この目標を実現させるために努力を続けて行きます。今回応援していただいた皆様、応援ありがとうございました。そしてナスターレース協会、CSBAの皆様とても充実した4年間でした。ありがとうございました。
  • U16 男子
  • 佐藤 竜馬Ryouma Sato
  • 北海道札幌市 新川中学校
  • 目標はワールドカップで優勝し、父や母に恩返ししたいです。
  • シーズン初めは、去年結果がうまく出ず悔しい思いをしたので、今年は夏のトレーニングなど頑張ってきたので自信を持ってシーズンに入ろうという気持ちでスタートを切りました。シーズン中は全国中学に向けてピンポイントを合わせ調子を上げれるよう基本トレーニングなどをやってきました。派遣が決まった時はすごくうれしくてやっと世界の選手と戦えると思いました。去年も予選会に参加をしたが失敗をしてしまい、ウィスラーカップを逃してしました。なのですごくうれしかったです。実際に世界大会に参加してみて思ったことは、大会の雰囲気が違ってること、外人選手の元気の良さです。スタートを切る前は緊張しなかったが、SG、SLでゴールできなかった事がとても悔しいです。また挑戦したいと強く思いました。来シーズンから高校生なるのでまたレベルアップし、ウィスラーで学んだことをなど、トレーニングなどを乗り越え頑張っていきたいです。将来は、ワールドカップに出場したいと今回ウィスラーカップで悔しい思いをしたので強く思います。最終目標はワールドカップで優勝し、父や母に恩返ししたいです。ノルウェーの選手になんか負けたくないです。父や母、コーチ必ず世界の舞台に立つので応援よろしくお願いします。
 
  • U16 男子
  • 中丸 雄哉Yuya Nakamaru
  • 福島県南会津郡 南会津中学校
  • 順位以上にいい経験を得ることができました。
  • 僕は今シーズン全国中体連で入賞することが一番の目標でした。全国中学に向けて夏に走ったり、秋には中国でサロモンの合宿に参加しました。サロモンの合宿で色んなことを得ることが出来ました。でも全中の結果はSL12位、GSはDFでした。すごく悔しいけどまだまだなんだと言うことも改めてわかりました。ジャパンカップでの時、コンビ3位、GS8位で総合2位でした。僕はまたウィスラーにも行けず自分の目標にも達せず、今シーズン終わるのかと思いました。そしたら1位の選手が辞退して総合2位の僕が派遣に選ばれました。その時は嬉しかったけれど本当に僕が行っていいのかと思いました。ジュニアオリンピックの日、僕は腰を怪我してしまいました。すごく痛くてこんなんで滑れるのかと思いました。スラーロムの時に福島の伊藤さんにマッサージをしてもらいちょっと楽になりました。伊藤さんには本当に感謝しています。カナダのウィスラーカップでは、自分の滑りができず思うような成績が出ませんでした。でもホテルに帰ったら留学生の人達が笑顔で待っててくれました。ストレッチのやり方やコントレのやり方などを教えてもらいました、とても優しい人達でした。いい思い出になりました。順位は悪かったけれどそれ以上に得ることができていい経験になりました。本当に今まで育ててくれた家族やゴールドウインのみなさんすごく感謝しています。来年もウィスラーに出て優勝できるように頑張り、大人になったらオリンピックで優勝することが僕の最終目標です。これからも頑張るので応援よろしくお願いします。
  • Whistler cup 2015 japan team results U16男子Whistler cup 2015 japan team results
    U16男子
  • CATEGORY
  • PL
  • BIB
  • NAME
  • 1st
  • 2nd
  • TOTAL
  • SG
  • GS
  • SL
  • DNF
  • 2
  • 長谷部 宏仁
  • DNF
  • -
  • DNF
  • 26
  • 27
  • 中丸 雄哉
  • 1:13.92
  • -
  • 1:13.92
  • DNF
  • 19
  • 佐藤 竜馬
  • DNF
  • -
  • DNF
  • 3
  • 10
  • 長谷部 宏仁
  • 00:55.59
  • 00:57.67
  • 1:53.26
  • 12
  • 18
  • 佐藤 竜馬
  • 00:57.30
  • 00:58.07
  • 1:55.37
  • 23
  • 31
  • 中丸 雄哉
  • 00:56.68
  • 1:00.19
  • 1:56.87
  • 3
  • 7
  • 長谷部 宏仁
  • 00:39.98
  • 00:42.72
  • 1:22.70
  • 50
  • 27
  • 中丸 雄哉
  • 00:51.33
  • 00:56.58
  • 1:47.91
  • DNF
  • -
  • 佐藤 竜馬
  • DNF
  • -
  • DNF
Copyright © 2015 NASTARRACE All Rights Reserved.