• 世界大会初開催
  • GOLDWIN FIS YOUTH JAPAN CUP 2020
  • U14・U16 ユース
    アルペンスキー世界大会

2020.2.27-3.1
新潟県 苗場スキー場
#
#

  •  
 
 
FIS公認ユース世界大会日本初開催
ナスターレース協会では、2001年よりU14、U16の選手をカナダで行われているウィスラーカップ、スウェーデンで行われているインゲマル・トロフィのFIS公認世界大会へ2019年までに延べ203名を派遣してきました。
以来、約20年にわたり、海外派遣を続けてまいりましたが、派遣人数に限りがあり、我々が満足する人数を派遣できていないのが現状です。
そこで、この度、2020年2月にFIS公認ユースアルペンスキー世界大会を開催することにいたしました。国内で世界大会を開催することにより、一人でも多くの選手や指導者が世界基準を体感していただれば幸いです。

 
  • 当協会名誉会長である猪谷千春氏が、1956 年イタリア コルティナ・ダンペッツォオリンピックで銀メダルを獲得して以来、約60年間アルペン競技で日本人のメダリストは誕生していません。
    ユース世代から世界基準を経験する事で、世界各国のトップ選手達と今の自分を比べ、世界での立ち位置を知り、課題や意識向上につなげる事が今後の選手生活のプラスになると考えています。ナスターレース協会がこれまで世界大会に派遣した選手達の中には、各国から集まった優秀な選手達を退け、トップの成績を収めた選手達が大勢いました。
    しかし、彼らはユースからFIS世代にカテゴリーが変わると世界のトップ選手から遠く及ばなくなるのが現状です。
    私達は、ユース世代が進むべき道標を明確に伝え、世界への入口までの環境づくりを目指してまいります。
  • 日本のアルペンスキーは、1956年 コルチナ・ダンペッツオオリンピック 男子回転競技にて猪谷千春の銀メダル後、62年間(2018年10月現在)、メダルが取れていません。これは、スキー競技だけではなくスキー業界全体が衰退していく問題と考え、ナスターレース協会は20年前から独自のランキングシステムと、U-8~U16に特化しユース世代のアルペンスキー大会を主催することで、スキーヤーの底上げを図り、スキー産業全体が新たなステージへ進むための取り組をしております。主催大会を通して感じる事は、世界を経験している選手やコーチが少ないことです。 当協会が実施している世界大会派遣には、選手だけではなくコーチが経験値を得るために、日本で活躍中のコーチも帯同しています。

    海外派遣を経験した選手やコーチのレポートや言動には明らかな変化が見られます。世界レベルを体感することで、競技に取り組む意識が高まり、選手は「世界を視野」に入れたアスリート感覚を得てトレーニングに取り組み始めます。また、コーチは「広い視野」を得る事で、今までの自分自身の指導方法を見直し、「世界を視野」に入れて行動していきます。自ら研鑽していくことで、世界と戦える育成へとつながります。北海道が2030年の冬季オリンピック招致活動を行っています。日本で初開催するユース世界大会が、日本でアルペンスキーに関わるすべての人達にとって良い経験となり、2030年の冬季オリンピックでのメダル獲得につなげることができると確信します。

  • アルペンスキー強豪校は全国各地に存在しています。選手達は今より強くなりたいという想いを胸に進学しますが、残念ながら世界を知り、世界で戦える選手に育てられる指導者が少ないのが現状です。コーチが変わるたびに指導方法が変わってしまうのであれば、選手達はいつまでも強くなれません。ナスターレース協会では、30 年にわたり培ってきたネットワークで海外の優秀なコーチを招聘し、ヨーロッパの最新メソッドを共有することで、今まで点の存在だった指導者を線でつなぐ必要があると考えています。また、選手達がFIS 世代になっても世界でトップを戦うことができるコーチングやコンディショニング、メンタルサポートなどの指導カリキュラムの構築にも力を注いでまいります。
  • アルペンスキー強豪校は全国各地に存在しています。選手達は今より強くなりたいという想いを胸に進学しますが、残念ながら世界を知り、世界で戦える選手に育てられる指導者が少ないのが現状です。コーチが変わるたびに指導方法が変わってしまうのであれば、選手達はいつまでも強くなれません。ナスターレース協会では、30 年にわたり培ってきたネットワークで海外の優秀なコーチを招聘し、ヨーロッパの最新メソッドを共有することで、今まで点の存在だった指導者を線でつなぐ必要があると考えています。また、選手達がFIS 世代になっても世界でトップを戦うことができるコーチングやコンディショニング、メンタルサポートなどの指導カリキュラムの構築にも力を注いでまいります。
  • ユースアルペンスキー
    世界大会開催国
ANDORRA
アンドラ
ARGENTINA
アルゼンチン
BOSNIA AND HERZEGOVINA
ボスニア・ヘルツェゴビナ
BULGARIA
ブルガリア
CANADA
カナダ
CHILE
チリ
CROATIA
クロアチア
CZECH REPUBLIC
チェコ
FRANCE
フランス
GREECE
ギリシャ
ITALY
イタリア
JAPAN
日本
LEBANON
レバノン
NORTH MACEDONIA
北マケドニア
ROMANIA
ルーマニア
SERBIA
セルビア
SLOVENIA
スロベニア
SWEDEN
スウェーデン
TURKEY
トルコ
UKRAINE
ウクライナ

COMPETITION OVERVIEW
大会概要
  • 大会名
GOLDWIN FIS YOUTH
JAPAN CUP 2020
ゴールドウイン FIS ユース
ジャパンカップ 2020

  • 大会開催日
2020.2.27-3.1
※変更になる場合があります。

  • 大会会場
苗場スキー場
〒949-6212
新潟県南魚沼郡湯沢町三国202

  • 主 催
  • 特定非営利活動法人 ナスターレース協会

  • 共 催
  • 公益財団法人 新潟県スキー連盟

  • 公 認
  • 国際スキー連盟
    公益財団法人 全日本スキー連盟

  • 特別協賛
  • 株式会社ゴールドウイン

  • 競技種目
  • DAY1DAY 1
Slalom
回転競技 
( スラローム )

  • DAY2DAY 2
Giant Slalom
大回転競技 
( ジャイアントスラローム )

  • DAY3DAY 3
Parallel Slalom
パラレル競技
(パラレルスラローム)

※パラレル競技はナスターレースオリジナルルールで実施します。

  • 開催クラス
  • U14, U16

  • エントリー期間
2020年1月開始予定。
※エントリー方法・出場資格は後日
発表いたします。

  • 21th JAPAN CUP
トライアルU8 / U10、
U8 / U10 / U12クラスについて
U12以下のクラスは、FIS公認レースではありません。競技日は1日開催となります。出場資格及びエントリー方法などの詳細は、後日発表致します。
大会名
21st GOLDWIN NASTARRACE
YOUTH JAPAN CUP
開催日
2020年3月1日(日)
会場
苗場スキー場
種目
大回転

 
スポンサー募集
  • ナスターレース協会主催大会である「ジャパンカップ」、「ドリームグランプリ」の大会スポンサーを募集しております。詳細は下記までお問い合わせください。
お問い合わせ先
特定非営利活動法人 ナスターレース協会
  
TEL:03-3481-7146 / 
MAIL: information@nastarrace.jp
サポーター募集
1口から可能です。詳しくはコチラでご確認お願いいたします。
  • 賛助会員、正会員、サポーター会員の3種類があります。1口から可能です。下記の申込用紙に必要事項を記入し、FAX またはメールにてお送りいただいた後、当協会の指定銀行口座に年会費をお振込みください。詳しくはコチラをご覧ください。